妊娠初期症状のツラい痔について☆対処法や予防策はあるの?!

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

妊娠すると様々な妊娠特有の症状や体の変化を感じますが、頭痛、湿疹、歯痛など普段からありがちな症状が重症化し、いつもより辛いなと感じることが多くなります。

中でも「」は、妊娠前には縁の無かった症状という妊婦ママも多いのではないでしょうか?ちょっと恥ずかしいし、誰に相談したら良いのかわからない。でも実際の症状はツライし、我慢するのも赤ちゃんへの影響がありそうで心配・・・。

今回はそんな大声で話せないデリケートな症状とその対処法について、しっかりご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期症状の痔について

妊娠・出産を経験した多くのママは程度の差こそあれ、おしりの悩みで苦しんだ体験があるのではないでしょうか?!

妊娠中は便秘になりやすく、そのため必然的に排便時にいきむことが多くなります。でもいきんだところで便通は改善する訳ではありません。むしろ強くいきんだことで、「痔」特に「イボ痔」になってしまった!という妊婦ママが意外にも多いんです。

太陽ママ
イヤ〜、これは妊娠中の不快な症状の中でもダントツでツライ。
れみちゃんママ
そうよね〜。便秘もツライし出すのもツライ・・・二重の苦しみで、しかも出産後も症状が改善されないケースも多いのよね〜

なかなか大きな声で悩みを相談できないところも、痔の症状が酷(ひど)くなりやすい原因かもしれません。恥ずかしい気持ちはひとまず横へおいて、痔の症状が少しでもツライ時は医師に相談していきましょう!

では、まずはおしりの構造をお話ししながら、なぜ妊婦さんに痔の症状が多いのかご説明していきますね。

お尻の構造と痔の関係

妊娠中に痔になりやすいのは、いくつかの原因があります。もちろん原因を知ったところで痔にならなかったり、治ったりする訳ではないのですが、体のメカニズムを知ることで医師に相談しやすくなり、適切な治療を受けることが出来ます。

妊娠という体の大変革を迎える中で、少しでも快適に過ごせるよう工夫ができると良いですよね。

では早速、妊娠中になぜ痔になりやすいのか、その原因についてご紹介します。

スポンサーリンク

肛門周りの静脈のうっ血

肛門の粘膜の下には網の目状の静脈が張り巡らされています。この静脈は肛門を閉じるための柔らかいクッションの役割を果たしているのですが、便秘や下痢によるいきみ、また妊娠後期や出産時にうっ血することで、この静脈に痔核(じかく)ができると考えられています。

痔の原因は静脈のうっ血だったんですね!血流ってホントに大切な健康バロメーターと言えます!!

血液量が増える

妊娠に伴う様々な体の変化の一つに、血液量が増えるということがあります。妊娠によって子宮や胎盤が徐々に大きくなり、胎児にしっかりと栄養が届くように血液量を増やすことが必要になるからです。

引用 インスタグラム

太陽ママ
妊娠にはキレイで大量の血液が必要不可欠なんですね♪

しかし子宮が大きくなると、心臓へ戻る血液が通る静脈が圧迫されます。この時、肛門周囲の静脈もうっ血しやすくなるんですね。たとえツライ思いをしても、赤ちゃんに栄養を届けるためと思えば頑張れるような気もします!

黄体ホルモンの分泌

妊娠中は黄体ホルモンが分泌され、その影響によって腸の動きが悪くなります。また普段より運動量が減るため便秘がちになり、肛門周辺がうっ血して痔が生じやすくなります。

とはいえ妊娠初期、しかも体調が今ひとつ芳(かんば)しくないこの時期の運動は、分かっていてもなかなかハードルが高いですね。

血液が固まる

また妊娠すると女性ホルモンの影響で、血液を固まらせる物質が増加します。このため流産や分娩などの出血時に血が止まりやすくなるのですが、反面血管内で血液が固まり血栓ができやすくなってしまいます。

その血栓が痔核を作る元になってしまうという訳です。「血液サラサラ」は、快適なマタニティライフのキーワードかもしれません。

痔の症状とその段階

こうした妊娠における様々な体の変化により、便秘などでいきんだことがきっかけとなって痔になったり、もともとあった「イボ痔」が悪化して腫れやすくなったりするのです。

具体的な症状としては次のようなものがあり、4つの段階に分類されています。

イボ痔の程度
  • I度:肛門より痔核(ぢかく)が外に出ていない
  • II度:排便時に肛門から脱出してしまうが、自然に肛門内に戻っている
  • III度:排便時に肛門から脱出し、手で押し込まないと戻らず、戻ってもすぐ脱出してしまう
  • IV度:常に脱出している

また顕著(けんちょ)な症状としては、排便時に血が出る、排便後も便が残っている感じがする、肛門から痔核が外に出ている、といったことが挙げられます。こうして文字で読むだけでも、その痛みや不快な感じが想像できますよね。

太陽ママ
う〜ん、症状が酷くなると自分の手で元に戻したりするのね・・・。これはなかなかツライ作業だわ。
れみちゃんママ
そんな処置、ホントに自分でできるのかなぁ、ちょっと不安。
太陽ママ
誰だってそうよね。だからこそ、痔を予防する色々な方法をちゃんと試していくのがとっても大切なの!

痔を予防するにはどうしたら良いの?

痔で苦しむ前に、何か予防策は無いのでしょうか?痔になるのを防げるなら、何だってやってみたい!これ、妊婦ママの本音に近い気持ちですよね?!

ここでは、妊娠中の痔を予防する大事なポイントをいくつかご紹介していきます。

痔を予防する大切なポイント
  • 食物繊維や水分をたくさん摂る
  • 便秘や下痢を防ぐ
  • おしりを清潔に保つ
  • 毎日お風呂に入る
  • お酒や香辛料などの刺激物は控えめに
  • 適度な運動をする
  • ツライ時は我慢しないで医師に相談

当たり前のようなポイントですが、実はこうした日々の生活で出来ることの積み重ねが、確実に痔の予防策になるんですね。もう少し具体的に説明していきましょう。

食物繊維や水分摂取の大切さ

食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らむことで、便の量を増やし軟らかくします。同時に腸の運動を活発にするため、自然と便通が良くなるという訳です。

具体的な食品としては、穀物、いも類、ひじき、寒天、果物などが食物繊維を多く含んでいます。食物だけでなく、同時に水分を十分に摂ることも大切。便を軟らかくし便秘解消に繋がります。

水分摂取は妊娠初期だけでなく、授乳が始まった出産後のタイミングでもとても重要です。母乳にたくさんの水分を取られてしまうので、しっかりと水分補給をすることが便秘解消の重要なポイントとなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝2h後91⭕️ 五穀玄米食パン3/4枚 アボガドオムレツチーズサンド サラダ キノコソテー 補食 五穀玄米食パン1/4枚 低糖質グラノーラ10g +ヨーグルト 昼2h後88⭕️ 麦ご飯80g 厚揚げ、ニラ、もやしの甘辛炒め キャベツとわかめの味噌汁 補食 フスボン くるみといちじくのブレッド ローソンアーモンドクッキー2粒 夜2h後92⭕️ 麦ご飯80g ひじきと鶏つくね 小松菜と油揚げの味噌汁 きゅうりともやしの胡麻和え 予定日前夜になりました🌙 自分も周りもなぜかGWに赤ちゃん産まれる気満々で、最終日までご飯作ってると思ってなかった😂笑 こんなに旦那と2人ゆっくり過ごした毎日は初めてですごく楽しい休みだったけど、今日は少しブルーになってしまいました💦もうすぐ会えるのに贅沢か😌💦 次の健診は40w2d。ドキドキだ〜 #妊娠糖尿病 #妊娠糖尿病の食事 #妊娠中の食事 #料理記録 #夜ご飯 #39w #妊娠10ヶ月 #妊娠後期 #糖質制限 #妊婦めし #臨月 #正産期

kiiさん(@kii2349)がシェアした投稿 –

引用 インスタグラム

太陽ママ
妊娠中の食事管理は赤ちゃんのため、そしてママ自身のヘルシーなマタニティライフのため♪美味しく楽しく頑張りましょう!

便秘や下痢を防ぐコツ

便秘になると便が腸内に溜まり排便の際に肛門を傷つけてしまいます。これを回避するには、便意を感じた時に我慢せず排便する習慣をつけること

便意を感じた時、なかなかすぐにトイレに行けないことってありますよね。仕事中、通勤中、ホッと落ち着いて排便できる環境がないとタイミングを逃すことって実は多くないですか?でも、これを続けていると便秘の道へまっしぐらなんです!

そしてせっかく落ち着いてトイレに行けたとしても、排便の際には必要以上にいきまないこと。力を入れすぎると肛門を傷つける原因になってしまいます。

引用 インスタグラム

れみちゃんママ
負の便秘サイクルとはうまい言い方!このエンドレスな苦しみ、すごく共感しちゃいます♪

一方下痢になると肛門を刺激するため、不潔になり細菌感染を起こしやすくなります。食べるものに気をつけて、自分がお腹をこわしやすい食品は必要以上に摂取しないなど、セルフコントロールを心がけると良いですね。

おしりは清潔に

排便後は温水洗浄便座やビデを使用し、肛門を洗浄して清潔にすることを心がけて。肛門が汚れたままだと細菌が繁殖し、思わぬ感染症の原因となることがあります。

日本は公共の場でもトイレ設備が素晴らしいので、積極的に衛生面を意識していつもクリーンなおしりをキープしましょう!

入浴は毎日がオススメ

体を冷やすと血行が悪くなり、下痢の原因となります。お風呂に浸かり体を温めると血行が良くなり、体が芯からポカポカと温まります。もちろん妊娠中の入浴はリラックスできる大切な時間。心も体もホカホカになって痔の悩みともおさらばしましょう!

お酒や香辛料は控えめに

お酒は香辛料などの刺激物は肛門を刺激したり、うっ血させて痔を悪化させる可能性があります。特に妊娠中のお酒は赤ちゃんの成長にも多大な影響を及ぼすため、御法度(ごはっと)と自覚してしっかり控えましょう!

たまには運動も大切

妊娠中は体調が悪かったり、お腹も少しずつ重くなってきて運動も億劫(おっくう)になりがちですね。とはいえ適度な運動は腸の活動を活発にし、排便をスムーズにするんです!立ちっぱなしや座りっぱなしといった同じ姿勢を長く続けることも、肛門がうっ血しやすくなる原因です。

負担にならない程度で構わないので、歩いたり階段を上り下りしたり、可能な限り適度な運動をして血行を良くしていきましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

. #妊娠 はご自身の体に向き合う絶好の機会。 ヨギーには、妊娠期から産後、育児中まで、刻々と変化する女性の心と体をサポートするメソッドがあります。 出産前後の体はとても頑張っていてトラブルも起こりがちですが、ヨガが解決してくれることもたくさんあります。 マタニティヨガで妊娠出産を健やかに過ごしましょう! #初回体験1080円 #studioyoggy #スタジオヨギー #スタジオヨギーmarkis福岡ももち #からだと向き合う丁寧な暮らし #momochi #マタニティヨガ #マタニティライフ #マタニティ #妊娠中の体重管理 #妊娠中の運動 #春キャンペーン実施中 #マンスリープラン初月無料

studioyoggy_fukuokamomochiさん(@studioyoggy_fukuokamomochi)がシェアした投稿 –

引用 インスタグラム

太陽ママ
適度な運動はストレス解消にもお役立ち!ヨガ教室などで、同じような妊婦ママとの出会いも期待できるかも♪

最終手段は医師にお任せを

それでも痔の症状が改善されず、毎日の排便がツラくなってしまう場合は迷わず医師の診察を受けましょう。漢方など適切な便秘薬を処方してくれる場合もあり、自然な排便を促すことで症状が改善されることも多々あります。

また排便時に出血が続く場合は、痔ではない病気の可能性もあるので、気になる場合は一人で判断しないできちんと医師の診察を受けましょう。

快適なマタニティライフを過ごし、出産に備えるためにもおしりの悩みは早期解決が最適です。同じトラブルを抱える妊婦ママは大勢いるので、自分だけと思わずドンドン受診して痔を治療していきましょう

痔の治療方法

痔の治療は、基本的には食生活や排便習慣などライフスタイルの改善が中心となります。薬物を使用しての治療は補助的な療法なんですね。

ただし薬を使っての治療でも改善が見られず出血がひどい場合、またいぼ痔が肛門の外へ出てしまう脱出という症状が改善しない場合などは、手術などの外科的治療を行うこともあるようです。

先ほどご紹介したイボ痔の程度によって、その具体的な治療方法も少しずつ異なります。簡単にご紹介しましょう。

イボ痔の程度に合わせた治療方法
  • I度・II度の痔:うっ血や腫れを軽減するための軟膏(なんこう)や坐薬(ざやく)を使用。排便時のいきみを回避するために緩下薬(かんげやく)も一緒に使用することが多いようです。こうした治療は保存的療法と言われています。
  • III度の痔:まず保存的療法を行いますが、治療効果が見られない場合は手術する場合もあります。
  • IV度の痔:外に脱出したままの痔核を肛門内に戻してうっ血を解除させますが、ほとんどのケースで手術などの外科的治療を行う傾向にあります。

痔の他にも妊娠中は様々な不快な症状に悩まされますよね。妊娠初期症状☆下痢やおならが増える??ガスもたまりやすい!!もとても参考になる情報をご紹介しています!ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

  • 痔の原因は肛門周りの静脈がうっ血してしまうこと
  • 妊娠によって血液量が増えたり、血液が固まりやすくなったり、黄帯ホルモンの分泌によって便秘がちになる。
  • 便秘がちの際に排便でいきむと、うっ血症状が悪化して痔核ができてしまう
  • 予防はライフスタイルの改善。食物繊維を摂って便意を我慢しない習慣を
  • ツライ時は我慢しないで早めの受診で治療しましょう

おしりはなかなか自分で見て確認できない部位なので、医師に相談するのもつい躊躇(ちゅうちょ)していまいがち。でもその不快感や痛みは、楽しいはずのマタニティライフを一転ツライものにしてしまいます

分娩(ぶんべん)時にはいきみで痔の症状が悪化する場合が多く、出産後の多忙な時期にまでツライ思いが継続してしまう可能性もあります!日々のケアを工夫しつつ、どうしても治らない時には早めに医師に相談し、妊娠中に治療を進めましょう。

スポンサーリンク

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です