妊娠初期症状がないとお悩みの方へ☆流産の可能性はあるの??

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

妊娠初期症状は、全ての妊婦さんに必ず起こることだと思っていませんか?実は、妊娠初期症状がない方もいるんですよ♪現在、妊娠初期症状に悩まされている人なら羨ましい~!と思いますよね☆私も、つわりで辛い時期があったので、症状がない人が羨ましいと思っていました!

でも「つわり」や「吐き気」などの話を聞いていると、かえって妊娠初期症状がないことはおかしなことなの?と思ってしまいませんか?妊娠初期症状そのものは、症状があるもないも、どのくらいの症状の強さになるかさえも個人差が大きいものなんです♪

しかし、個人差が大きいと聞いても不安な気持ちは、なかなか消えませんよね。もしかしたら、病気や流産の可能性があるんじゃないの?と考える方もいらっしゃると思います。今回は、妊娠初期症状がない場合の流産の可能性や、流産についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期症状がない・・・これって流産してしまうの?

妊娠したと分かると、なんだかソワソワして嬉しい気持ちと、不安な気持ちでいっぱいになりますよね♪しかし、数日経っても妊娠初期症状がないと不安になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

妊娠初期症状がないと流産してしまう可能性はあるの?

結論からお話ししますと、妊娠初期症状がないから流産するということはありません。お話しした通り、妊娠初期症状は感じ方だけでなく、症状が出るか出ないかさえも個人差があるものです。そのため妊娠初期症状がないからと言って、必ず流産になるということはありません。

また、1人目の妊娠の時には妊娠初期症状があったのに、2人目の時は妊娠初期症状が全くなかった!という人も数多くいます♪

確かに、妊娠初期症状がないと不安に思われると思います。しかし、100人の妊婦さんがいれば、100通りの妊娠初期症状があります。妊娠初期症状がないことを、あまりマイナスにとらえ過ぎず「症状がないから、ゆったり過ごせる」と考えた方が、ストレスも少なくなりますね♪

れみちゃんママ
妊娠をすると、精神的にもマイナスに考えちゃうことが多くなる時もありますよね。でも、気にしすぎずにリラックスした状態を心がけることに意識を向ける方が、お腹の赤ちゃんにとっても良いかもしれませんね☆

そもそも妊娠初期症状って?

妊娠初期症状には、どんな症状があるかご存知ですか?

妊娠初期症状
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 胸が張る

妊娠初期症状には、このほかにもたくさんあります。これらは全て、妊娠によってホルモンバランスが変化したことによって起こると言われています。妊娠初期症状に悩んでいる時は、体も心も疲れてしまい余裕がありませんが、新たな命を育むために起こっていることなんですね♪

しかし妊娠初期症状とは何度も言いますが、個人差が大きいだけでなく、こういった症状が出ない方も多くいらっしゃいます!症状がなにも見られないからといって、不安になることはありません。妊娠初期症状に悩まされない分、落ち着いて出産までの準備ができるとも考えられますよ♪

太陽ママ
妊娠初期症状がないのは羨ましいなぁ。と思いますが、確かにこういった症状がないと「何かおかしなところがあるのかな?」と心配になってしまいますよね・・・妊娠初期症状がないけど陽性反応が!!これって本当に大丈夫??では、陽性反応が出たのに初期症状がない人の特徴や心配なことについて詳しくお話ししています!ぜひ、合わせてご覧ください☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆彡.。#個人的記録用 ☆彡.。 妊活中、何度も何度もググッた 「妊娠初期 症状」「妊娠超初期 身体」 など、検索しすぎて「に」をうつと「妊娠初期」とすぐに出てくるようになってました・・・笑 それぐらい、毎月期待しまくっていました。 ・ ・ なんかいつもより 暑くない? なんかいつもより 気持ち悪いような・・・ そんな事を思うたびに期待して の繰り返しでした。 ・ ・ 調べすぎた結果、 私はある思い込み?をしていたような気がします。 ★調べまくって思い込んでいた妊娠初期症状★ ①身体が熱くなる ②胸がはる ③乳輪がでかくなる ④気持ち悪くなる ⑤オナラがでる ⑥眠くなる ⑦味覚が変わる これらの症状が生理予定日前からでてくると思っていた。笑 ・ ・ などなど・・・ でも、実際妊娠してみると、・・・ あくまでも個人差はあるかと思いますが、 私自身は、 上記の症状がでたのはかなり後で 7週目ぐらいからでした。 (私が鈍感な可能性もあり。笑) 未だに乳輪はそんなにでかくなってない。(笑)(笑) 生理予定日頃なんていつもの生理前とほとんど何も変わらない。 とくに何も体調に変化が無いので、多分妊活していなかったら絶対気が付かないと思いました😅 ・ ・ ★私の実際の妊娠初期症状★ ①生理痛のようなかるーーーい下腹部痛 ②息苦しい←これが唯一いつもと違った点ぐらい ③寒い 以上。笑 ・ ・ ネットってめちゃくちゃ色々書いてるから、そればっかり見て思い込みしすぎちゃって過剰になっていたのかもしれません😅 個人差はもちろんあるけど、思っていた症状は出るの少し後だったんだなぁと思いました(´∇`)(笑) 最近オナラがよくでます。 (´・ε・`)プー 胸なんて元々かなり小さいせいか そこまでまだ大きくなっていないので心配なぐらい。(笑) ・ ・ 妊娠初期どんなんやっけ?ってなった時、また見返せるように記録用です((φ(-ω-)カキカキ ※あくまで私個人の症状で、個人的な意見です。 ・ ・ #妊娠初期症状 #妊娠初期 #妊娠超初期 #妊娠検査薬 #妊娠 #妊婦 #マタニティ #妊娠3ヶ月 #便秘 #初マタ #初マタさんと繋がりたい #プレママ #プレママさんと繋がりたい #ママ友募集 #奈良ママ #2019年1月出産予定 #マタママ #ママリ

やまちゃんとももしゃんの日々。さん(@yamachanyade.uhuhu)がシェアした投稿 –

引用インスタグラム

太陽パパ
そういえばママも、妊娠が分かった時は「こんな症状が出たらどうしよう~」と悩んでいたけれど、思っていたのと違う・・・と最終的には言ってた(笑)本当に、症状は人それぞれなんだね!

妊娠初期に共通して感じる不安

実は、妊娠初期症状があってもなくても妊婦さんが共通して、不安に思うことがあります。

流産しないかどうか

妊娠初期症状があってもなくても、妊娠初期に一番心配に思うことはやはり流産しないかどうかですよね。一口に流産と言っても、実はいろいろな症名がついているんです。今回は、一番不安を感じる流産についても、詳しくお話ししようと思います。

流産のお話しというのは、とても悲しい気持ちになると思います。しかし、知識として知っておくことはとても大事なんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

⑅ 私たち夫婦は結婚して3年目です💍 妊活を始めたのは結婚して2年経ってから… もともと夫は結婚してすぐに子どもが欲しかったみたいですが、私はしばらく夫婦2人でいたかったので待ってもらっていました💭 でも正直、今回流産してしまったときもっと早く妊活を始めていたらと後悔しました😭 散々待たせたのに上手くいかなかった… 周りが結婚ラッシュで、授かり婚の子も多く後から結婚した子がどんどんママになっていく変なプレッシャー💦 もっと早く夫の気持ちに応えていたら、こんな風に思うことはなかったのかな、なんて💔 そのことを夫に話すと…💭 赤ちゃんができたとき、2人でちゃんと喜べるときに欲しかった☺️ 入籍してから、結婚式して新婚旅行に行ってマイホームを建てて引っ越して、それぞれに時間をかけてこだわったよね。 もし早く子供ができてたら我慢しなきゃいけないこともあったと思う。 いいペースで全部楽しんでこれたね♪ これから子どもができたら、私も心から喜べるし子どものことをいちばんに考えられる。 だから自分たちにとって1番いいタイミングで始められたと思うよ!と言ってくれました😭💓 もうほんと優しい〜 私ならだから早く子ども欲しいって言ったのにーって思っちゃう(笑) 今回たくさん話をして、2人で過ごした2年間を否定することなくこれで良かったんだと思わせてくれました💕 なので私も後悔するのはやめました! これからも夫婦仲良く、可愛い赤ちゃんを授かれるように頑張ります♪ ------------------------ #妊活アカウント #1人目妊活 #妊活初心者 #妊活スタート #妊活中の人と繋がりたい #ベビ待ち #妊活仲間募集中 #初期流産 #化学流産 #流産後の妊活

yuuさん(@yu0._.0)がシェアした投稿 –

引用インスタグラム

太陽ママ
当然のことですが、妊娠をするというのは1人では決して出来ないことなので、もし流産してしまったら主人にも精神的なダメージがあるんですよね。順調に経過が進むことはもちろんですが、もしもの時のためにご主人ともしっかり話し合う必要もありますね!

そもそも流産とは?

そもそも流産にも定義があることは、ご存知ですか?

流産とは

妊娠22週より前に、妊娠が終わることを全て『流産』と言います。

なぜ妊娠22週より前なのかと言いますと、22週より前にはお腹の赤ちゃんが、ママのお腹の外では生きていけない週数にあたるからなんだそうです。

流産することもそうですが、ママにとって流産という言葉はとても怖くて悲しいと感じますよね。自分の中に宿った命を思うと、いろいろ考えたり不安に思うことはおかしなことではありません。

流産が起こりやすい時期や原因

実は、医療機関で確認された妊娠の約15%前後は、流産となっているそうです。単純に考えても、6人に1人の割合で流産になっているということですよね・・・医療が進歩していても、こんなにも多くの人が経験する可能性があると思うと、とても怖いですよね。

また、妊娠した女性の約40%が流産の経験があるそうで、その中でも妊娠12週未満の早い時期での流産は8割以上にもなるんだそうです。妊娠が判明した時期が早くても、遅くても悲しい気持ちは同じだと思います。

でも、どうして妊娠12週未満の早い時期の人が、ほとんどなのでしょうか?

妊娠初期に流産になる原因

妊娠初期に起こる流産で、最も多いのは「赤ちゃん自身の染色体異常」

これは、受精の瞬間に「早産の運命」が決まることがほとんどなんだそうです。赤ちゃん自身の染色体異常による流産は、マの仕事や運動などが原因で流産することは、ほとんどありません。なので、どうか自分自身を責めないでください。

れみちゃんママ
流産してしまったら、自分を責めたり、妊娠経過が順調に進んでいる人を見て羨ましく思ったり・・・普段は素直に喜べるようなことが、喜べない自分にも腹が立ってすごく辛いですよね。でも急には、元通りの感情になれないことは仕方がないと思います。少しずつ、ご家族と一緒に感情を整理していく時間は大切ですね☆

流産にもいろいろな種類がある

人工流産や化学流産など、流産と言ってもたくさん種類があります。

太陽ママ
今回は、簡単に一つずつご紹介していきますね!

人工流産

これは「人工妊娠中絶」を行った時に、言われる名称です。母体保護法という法律で定められた、指定の医師によって行われる手術を指します。医師であれば、誰でも人工妊娠中絶の手術ができるわけではないんですね!望んで手術をされる方ばかりではないため、心のケアが大切です。

引用YouTube

太陽ママ
こちらは、助産師さんによる人工流産についてのお話です。手術の内容などではなく、手術を選択しなければならなかった人やその事情に寄り添ってお話しをされています。中絶手術と聞くと、どうしても嫌な感情が出ると思います。しかし、その選択に至るまでとても苦しい思いをする人がいることは事実です。私もこの動画を見て、中絶手術に対する考えが少し変わりました。

自然流産

人工流産以外の、自然に起きる流産のことを全て指します。これには、手術の有無は関係ありません。

自然流産が起きた場合、出血や腰痛、腹部の張りなどの症状が見られるそうです。ただし、妊娠初期には妊娠初期症状として同じような症状が見られることもあるので、違いが分かりづらいこともあるかもしれません。

出血があると、妊娠初期症状だったとしても怖いですよね・・・不安な気持ちから慌ててしまうかもしれませんが、落ち着いてまずはかかりつけの病院で相談することが大切ですね☆

自然流産の中にも、3つ種類があります

ここまで、流産の種類についてお話ししてきましたが、自然流産の中にも3つ症名のついたものがあります。

進行流産

出血などと共に、子宮にあった胎嚢(たいのう)などの内容物が外に排出されそうになっている状態のことです。

とても残念ですが、進行流産の場合は流産を止めることはほとんど不可能と言われています。もし、排出されきってしまった場合は、内容物をかかりつけの病院に持参したうえで検査を行い、異常がないか確認するそうです。

持参することもそうですが、排出された胎嚢などを集めること自体がとても辛いですよね。しかし、次回妊娠時のためにも必要なことだそうです。ママにとっても、パパにとっても悲しい時期になると思います。2人で手を取り合って、支え合うことが大切です。

太陽ママ
排出された胎嚢などを見た時に、落ち着いた状態でいられる人はいないと思います。変に冷静になってしまうことだってあるかもしれません。悲しい気持ちは、隠さないでください。その気持ちは、とても大切な感情だと思います。

稽留(けいりゅう)流産

胎児が子宮内で、すでに亡くなっている状態のことです。中には、出血や腹部の痛みなどの自覚症状がないこともあるそうです。

稽留流産の場合、治療として胎嚢などの子宮内容物除去手術を行うか、経過観察をして自然に排出を待つかを医師との相談の上で決めるそうです。

自覚症状がない場合、病院での検診などで分かると言いようのない悲しみに襲われますよね・・・どうしてこうなってしまったのか、何がいけなかったのか、と自分を責めてしまいますよね。

切迫流産

流産という言葉がついていますが、まだ妊娠が継続している状態です。しかし、流産の一歩手前の状態でありとても危険な状態となります。

妊娠12週までに切迫流産と診断された場合、有効な薬や治療法が現在はありません。少量の黒っぽい出血だけで、腹痛がない場合は完全に流産になる危険性は低いと言われています。

妊娠が継続した状態と聞くと、少し安心できますね。しかし、とても危険な状態ですので、安静にすることが大切です!

太陽パパ
安静にと診断をされたら、僕たちパパがママの代わりに家事などをすることも大事だね!もちろん、精神的な支えにもなれるように頑張らないといけないね☆

出血や腹痛といった症状が見られた時は

妊娠初期症状には、おりものに少量の出血や軽い腹痛を感じることもあります。とても心配になりますが、実は正常に妊娠を継続していても、こういった症状が出ることがあります。

流産の危険性のある出血と腹痛とは、どういったものなのでしょうか?

出血がある場合

出血が見られると、とても不安になりますよね。しかし、妊娠初期に起こる少量の出血ですぐに病院を受診しても、実は有効な対処法がないのです。そのため、次回の健診の時にお越しくださいと言われることがあるようです。

今すぐ見てほしいのに!と思いますよね。しかし出血があっても、胎嚢や胎芽(たいが)が成長しているかがとても重要なため、例え少量の出血があったとしても、きちんと成長していれば妊娠初期に流産することはないと言われています。

ただし、生理の時よりも出血量がある場合は進行流産や、異所性妊娠の可能性があるため夜間や時間外であってもすぐに病院へ行きましょう。

太陽ママ
異所性妊娠について簡単にご説明します♪
異所性妊娠とは

受精卵が子宮内膜以外の場所に着床することを言います。

「子宮外妊娠」という言葉の方が、馴染みのある言葉かもしれませんね!実は2009年ころに、異所性妊娠という言葉で統一されるようになりました。主に卵管で着床することが多く、その場合激しい腹痛と出血が見られると言われています。

ここまでを聞いて思われるのは「もう一度妊娠することはできるのか」が多いと思います。異所性妊娠後に自然妊娠がしづらくなるというデータは今のところないそうです。そうは言っても、不安ですよね・・・正常な経過をたどって出産することは、本当に奇跡に近いものなんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

朗報+今日は自分の誕生日です🌟 #ぷにたま絵日記 #妊娠 #双子 #誕生日 #漫画 #4こまマンガ

ぷにやんさん(@punitama777)がシェアした投稿 –

引用インスタグラム

太陽パパ
出血があったの・・・と言われたら、男でも気が動転しますよね。このマンガは、男目線で書いてくれているからすごく気持ちが分かるよ!旦那さんにオススメです♪

腹痛がある場合

お腹に張りや痛みを感じると、動くことさえ辛くて怖い思いをしますよね。痛みが激しい場合や、1時間に何度も痛みがあり継続している場合などは、病院を受診しましょう。

腹痛やお腹の張りは、流産の可能性だけでなく異所性妊娠や子宮の病気の可能性も考えられます。激しい痛みがある場合は、移動や日常動作が困難な時もありますよね。一人ではなく、ご家族などに付き添ってもらい受診する方が良いかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#7w5d . 今朝からお騒がせしました💦 朝からクリニックに電話し、まず赤ちゃんを見てもらい元気に心臓もピコピコしてました。 お腹の痛み・下痢は同じ系列の総合病院の救急外来にまわしていただき、見てもらったところ急性胃腸炎との診断でした。 . とりあえず出血などしてないので2日くらいで良くなりますと。 1週間とかお腹の痛みが続いたら再度受診してくださいとのことでした。 . . 2人目で間が開きすぎてるのでもぅ初産の方とほぼ変わらない状態なので、頭では経験があると解ってても心でまだまだどっしり構えられないなぁ💦 まだまだだ。 とりあえず明日は仕事に行こう!! . . #妊娠2ヶ月 #妊娠初期 #妊娠中の腹痛

Peanutsさん(@0mama9mama)がシェアした投稿 –

引用インスタグラム

太陽ママ
私も2人目の時は、初産の時よりきっと落ち着いていられる!と思っていました。でも、期間があいたこともあって、不安になることの方が多かったように思います。腹痛もその時々によって痛みの強さや、場所が違うことがあると同じ腹痛でも、その時に感じる不安な気持ちは変わりませんよね!

まとめ

  • 妊娠初期症状がないからと言って、流産になるということはありません
  • 妊娠初期症状があるかないか、どんな症状かは個人差が大きい
  • 流産とは、妊娠22週より前に妊娠が終わること全てを指す
  • 流産には、人工流産と自然流産がある
  • 出血や腹痛がひどい場合は、我慢せずに病院を受診しましょう

いかがでしたでしょうか?流産の心配は、妊娠をしてから常に付きまとう悩みの一つですよね。

とても悲しいことですが、お話しした通り妊娠初期に流産になってしまった場合、ママのせいではないことが多いのです。自分を責めてしまう気持ちは、とてもよく分かります。しかし自分を責めるよりも少しでも、前向きになれるように考えることは大切なことではないでしょうか?

お腹に宿った命は、ママやパパが笑顔でいることが喜びだと思います。悲しい気持ちは隠さず、乗り越えられるように手と手を取り合って暮らしていきましょう。

スポンサーリンク

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です