妊娠確率と年齢の関係は?高校生での妊娠はどんなリスクがあるの?

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

愛する人との性行為(せいこうい)では心も満たされ幸せな気持ちになりますが、女性には妊娠のリスクが常にありますよね。生理が遅れてしまっていると心配になったり、妊娠が分かったときにはどうしたらいいのか不安になってしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし本来であれば好きな人との性行為は決して悪いことではありません。正しい知識(ちしき)を身につけることで不安を少しでも減らせるようにできると思います。そこで今回は妊娠の可能性や、避妊方法などについてご紹介していきます♪

スポンサーリンク

若年齢での妊娠リスクについて

年々減少していると思われていた10代での望まぬ妊娠ですが、新型コロナウィルス感染拡大の影響(えいきょう)で巣ごもりや、休校措置(きゅうこうそち)で自宅にいる時間が増え、増加しているんです。

日本では避妊(ひにん)や性感染症(せいかんせんしょう)などについての教育が先進国の中でも比較的遅れをとっており、正しい知識を持てていないのが現状です。

スポンサーリンク

10代の妊娠確率

妊娠には適齢期(てきれいき)があり、生理がきていても排卵をしていないと妊娠はできません。生理が始まったばかりの思春期は生理周期(せいりしゅうき)も安定せず、無排卵性(むはいらんせい)の月経も度々みられます。

一般的に妊娠適齢期と言われるのは、25歳くらい~35歳くらいが合併症(がっぺいしょう)等もなく妊娠できる年齢と言えるでしょう。しかし排卵されているかは目で確認できることではないので、月経がある限り妊娠してしまう可能性はゼロではありません。

また妊娠初期は自覚症状がわかりづらいので、病院を受診したころには「赤ちゃんが大きくなってしまっていた」ということもあるかもしれません。妊娠初期症状は風邪と間違えやすいって本当??違いを紹介します!!に詳しく書かれていますので参考にしてみてくださいね!

高校生の妊娠による弊害(へいがい)

学生で妊娠をすると、経済的にも自立が難しいのでまずは家族の協力が不可欠です。また若年層(じゃくねんそう)の妊娠では骨盤(こつばん)の発達が未熟なこともあり、妊娠出産自体にリスクを伴(ともな)うこともあります。

20代以降の妊娠出産に比べてホルモンバランスも整っていないため精神面の管理も難しく、学業との両立や生活の基盤(きばん)など課題が多いのも事実です。妊娠出産経験しながら高校卒業、大学進学など現実的には非常に厳しい状況になってしまうでしょう。

望まぬ妊娠を避(さ)けるためにも、正しい避妊の知識を身につけることが大切です。

避妊の方法について

避妊すれば100%妊娠しないかというとそうではありません。しかし正しい知識を身につけ避妊をすることによって、妊娠の確立をグッと減らせることができます。避妊にも手頃なものから、病院で処置をしてもらうものまでありますので、今回は一般的な避妊方法についてご紹介しますね♪

太陽パパ
避妊は自分だけでなくパートナーの将来を守るためにも大切なことだよね。

コンドーム

避妊というと広く知られている、最(もっと)もスタンダードな方法がコンドームでの避妊でしょう。コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入することができ、価格も安価です。しかし、コンドームも正しいつけ方をしないと挿入中に破れたり漏れたりしてしまうことがあります。

コンドームは女性が付けるものではなく、男性が付けるものなので女性側からコンドームの必要性を男性に話す必要があるでしょう。

低用量経口避妊薬(ていようりょうけいこうひにんやく)

一般的に「低用量ピル」と言われる飲んで摂取(せっしゅ)する避妊薬ですが、産婦人科で受診しないと処方してもらえません。しかし正しく摂取することにより高確率で避妊することができます。男性側に避妊を一任することなく、女性が摂取することで避妊できるのもいいですね。

避妊目的での処方は保険適用外(ほけんてきようがい)となり、1ヶ月約3,000円ほど費用が掛かってしまいます。また10代の若い女性では産婦人科を受診することにも抵抗があるかもしれません。ですがコンドームよりも確実に避妊の確立を高めてくれます。

リズム法・基礎対応法など

こちらは月経周期や基礎体温表(きそたいおんひょう)などから排卵周期を読み取り避妊する方法です。自分の体内リズムを活用した方法で高温期と低温期のリズムから排卵日を予測し、その間は性交を避ける方法ですが体調に左右されることもよくあるので確実な避妊方法ではありません

基礎体温からの排卵日の予測については妊娠初期症状★排卵日ってなんだろう??排卵の症状ってある??に詳しく書かれていますので参考にしてみてくださいね。

緊急避妊薬(きんきゅうひにんやく)・アフターピル

避妊に失敗してしまったときや、ピルを飲み忘れてしまった時には緊急避妊薬によって避妊することができます。性行為後72時間以内に服用する必要があり、病院を受診することで処方してもらえます。

緊急避妊薬は性交後できるだけ早く服用することが大切で、早ければ早いほど避妊の確立が上がります。しかしこちらの薬は価格が高く、6,000円~20,000円と病院によってばらつきもあります。

コンドームやピルなど確実な避妊方法を実践し、なおかつ失敗した時のための最後の手段として覚えておきましょう♪

れみちゃんママ
色々な避妊方法があるけれど、確実な避妊方法を実践したいよね。
太陽ママ
この他にも病院で処置してもらう「子宮内避妊用具(しきゅうないひにんようぐ)」などがあるのよ。ただ高校生や若い子には費用も高いし手軽とは言えないわね。

まとめ

  • 妊娠初期症状はわかりづらい
  • 高校生での妊娠・出産は家族の協力が必須
  • 一番手軽な避妊方法はコンドーム
  • 確実な避妊方法は低用量ピル
  • アフターピルは最後の手段として

好きな人と結ばれる行為は心も満たされ、幸せな気持ちになりますよね。好きな人と末永く幸せでいるためにも避妊はとても大切なんですよ。若くして妊娠してしまうと将来のことや、生活のことなど不安はたくさんありますよね。

体の異変を感じたときは、早めに病院を受診するようにしましょう。パートナーがいる方は避妊の有用性についてもしっかり話し合うようにしましょうね。新しい命を授かれることは本来とても嬉しいもの。そのためにもしっかり避妊を実践したいですね。

スポンサーリンク

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です