妊娠初期症状と生理前の違いは?眠気の症状を調べてみました!

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

妊娠初期症状の一つに眠気という症状があります。生理前の眠気と似ている症状です。PMS(月経前症候群)という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。PMSの症状は妊娠初期症状と似ているため、すぐに妊娠だと認識するのはむずかしいですよね!

妊娠初期症状は人それぞれ異なります。もし妊娠初期症状が眠気以外に思い当たらなかったら、PMSだと思い込んでしまいますよね。なので正しく妊娠初期症状かPMSなのか違いを知ることが大切です☆

妊娠初期だとわからないことづくしで自分の身に起きていることでも理解するのは大変です!今回は妊娠初期症状と生理前の眠気の違いを調べました!悩めるママさんたちのためにもここでご紹介していきたいと思います☆

スポンサーリンク

妊娠初期症状

妊娠初期症状とは妊娠のサインを体のさまざまな変化を通して教えてくれる症状のことをいいます。体のさまざまな変化とは腰痛や頭痛、吐き気など人それぞれ異なり、体のサインに気づかないままの人もいます☆

スポンサーリンク

初期の期間はどれくらい?

妊娠初期とは妊娠2か月から妊娠4か月の期間のことをいい、妊娠1か月は妊娠超初期といわれています☆妊娠1か月や2か月だと少し体がだるくても風邪と勘違いして過ごしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

特に初めて妊娠される方は判断が難しいですよね。私も1人目のときは分からないことだらけでした!

そんなときはこちらから妊娠初期症状のチェックをしてみましょう。「妊娠初期症状のチェックリスト☆基礎体温測定の重要性!!

妊娠初期から出産までの期間はどれくらい?

妊娠すると女性の体の状態や赤ちゃんの状態のことを指すときに妊娠週数で測ることがほとんどです。4週(28日間)を1か月とカウントし、妊娠期間は40週が一般的です☆また最後に生理がきた初日(妊娠0週0日)から実際の出産日までは280日前後といわれています。

約10カ月間なのですね。長いように感じますが、気づけばあっという間に感じてしまいます。

生理前の眠気とは?

生理前の眠気というとPMS(生理前症候群)を思い浮かべる方も多いと思いますが、PMSは眠気以外にも症状があるのです。眠気以外の症状を知っておくと妊娠初期症状との違いがわかりやすくなります!そこでPMSについて詳しく調べてみました!

PMS

PMSは精神的症状と身体的症状に分かれます。まずは精神的症状についてです☆

精神的症状
  • 小さなことにイライラする
  • 憂鬱な気分になる
  • 情緒不安定になる
  • 眠い
太陽ママ
人によってPMSは症状が出る人と出ない人と分かれます!症状が重い人で学校や仕事をお休みする方もいますよね。

女性ってほんとうに大変ですよね!続いて身体的症状についてです!年齢によって身体への症状も異なります。

身体的症状
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 肌荒れ
  • 胸の張りや痛み
太陽ママ
PMSは女性ホルモンが要因といわれています。排卵から月経までの期間に卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが分泌されています。

 

月経が近づくごとにこの2つの女性ホルモンの分泌が減少され、PMSのような症状が起こるのです。

PMSはストレスが重なると余計に症状が重くなることもあります。ストレスを貯めずに生活習慣を整えることは大切ですね☆

妊娠初期症状と生理前の眠気の違い

妊娠初期症状と生理前の眠気の違いは体温の高さです。基礎体温が高い状態を高温期とよびます。

妊娠初期症状

高温期:2週間以上

要因:黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が続いているため

太陽ママ
高温期が3週間以上続くと不安になりますよね!婦人科で妊娠の診断をしてもらうのがおすすめですね☆

高温期の期間を知るためには毎日体温を測り記録することが大切なんですね!自分の体調をしっかり把握するのは妊活の基礎だということがわかりました☆

生理前の眠気

高温期:生理が始まる前までの3日~10日間

要因:女性ホルモンが分泌されているが生理開始とともに女性ホルモンの分泌が減少する為

太陽ママ
眠気が3日~10日間続いて生理が始まればそれがPMSだったということがわかりますね!

妊娠初期症状でもPMSでも女性ホルモンがカギなのですね☆

妊娠初期症状で眠くなる理由

妊娠初期でも生理前でも眠気を起こす理由は女性ホルモンにありました。黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2つの女性ホルモンには別々の働きがあり、眠気に関係していました。

黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2つの女性ホルモンについてご紹介します!

プロゲステロン
  • 子宮内膜や子宮筋の調整をする
  • 乳腺を発育させ胸に張りが出る
  • 体内に水分を保つ働きがある
  • 食欲が増す
  • 体温を上げる働きがある
  • 眠くなる
太陽ママ
妊娠や出産に欠かせないホルモンだということがわかりますね!生理や排卵によって分泌量が変わってきます!

黄体ホルモンという言葉を聞いたことがありましたが、こんなにたくさんの働きがあるとは知りませんでした!

プロゲステロン
  • 肌や髪のうるおいを保つ
  • 丈夫な骨を維持する
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 女性的なからだ作りの働きをする
  • コレステロール値の調整をする
太陽ママ
エストロゲンは女性らしさを保つためのホルモンなんですね!エストロゲンは年齢によって分泌量が変わってきます☆一般的に8~9歳から分泌が始まり閉経するまでエストロゲンの分泌は繰り返されます!

生活習慣を整えることも大切ですが、やはりプロゲステロンのような女性ホルモンの働きって大きいですよね!

まとめ

  • 妊娠初期症状と生理前の眠気は似ている
  • 生理前の眠気はPMS(生理前症候群)といわれている
  • 妊娠初期症状と生理前の眠気の違いは高温期の長さ
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)は妊娠や出産に大切なホルモン
  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)は女性のからだ作りのホルモン

いかがでしたでしょうか?妊娠初期症状と生理前の眠気の違いは高温期の長さということがわかりました!その高温期の働きが黄体ホルモン(プロゲステロン)ということも知ることができましたね☆

調べてみると意外と知らないこともありとても勉強になりました!以前の出産のときに知りたかったことや納得させられる情報も見つけることができ私も今後の参考にしたいと思います!この記事が少しでも出産や妊娠の不安を取り除くきっかけになっていたらうれしいです!

 

スポンサーリンク

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です