妊娠時の産み分けは食べ物でもできる!?いつから始めるのが効果的?

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

子供を授(さず)かるとお腹の赤ちゃんの性別は気になるところですよね。私自身も妊娠中は、性別が分かるまでソワソワしていました。女の子だったらいいな、男の子だったらいいなとそれぞれの思いがありますよね。

しかし、赤ちゃんの性別は妊娠した段階で決まっています。女の子または男の子が欲しいとより強く望むご夫婦もいるのではないでしょうか。そこで、最近では妊娠前に行うことで、希望する性別の赤ちゃんが生まれてくる確率を上げる『産み分け』をしている方も増えてきています。

産み分けの方法は色々な方法がありますが、今回はその中でも日常生活の中で手軽に始めやすい『食べ物』での産み分け方法をご紹介します。

れみちゃんママ
私の周りでも産み分けを考えている人もいるけど、食べ物でもできるんだね!
太陽ママ
そうなのよ♪食べ物なら手軽に始められるからいいよね!
スポンサーリンク

どうして食べ物で産み分けが出来るの?

赤ちゃんの性別はX精子(せいし)とY精子という2種類の性染色体(せいせんしょくたい)によって決まります。

卵子がX精子と結びつくと女の子が生まれるのですが、X精子は酸性に強いと言われています。一方で卵子とY精子が結びつくと男の子が生まれるのですが、Y精子はアルカリ性に強いのです。

この二つの性染色体の特徴(とくちょう)を生かし、体内を酸性またはアルカリ性に近づけることで産み分けが可能となるのです。これらの原理により、食べ物にも酸性とアルカリ性があるので産み分けが出来ます

れみちゃんママ
妊活や産み分けの方法はたまにジンクスみたいなのがあるけど、食べ物での産み分け法は原理に基づいているんだね!
太陽ママ
そうなの♪理由が分かったところでより効果的な方法を伝えていきますね!

いつから始めるのがいいの?

赤ちゃんの性別は精子の性染色体の種類で決まるので受精(じゅせい)した段階で性別は確定しているのです。ですので、妊娠(にんしん)前から食事による産み分け法を実践(じっせん)するのが望ましいでしょう。

食べ物での産み分け法は、女性だけではなく男性も行うとより効果的です。精子は3ヵ月前に作られたものが射精(しゃせい)されるので、男性は子作りをする3ヵ月前から始めるといいでしょう。

女性は妊娠する2ヵ月くらい前が理想とされていますが、男性側に合わせて3ヵ月前から始めるのもいいですね。

れみちゃんママ
妊娠する結構前から始める必要があるんだね!
太陽ママ
そうだね!だから、産み分けをしたいと思った時から始めたいですね♪

具体的な方法とは?

食べ物で行う産み分けの原理といつから始めるのがいいのかをお伝えしたので、どういったものを食べれば良いのか具体的な方法をご紹介していきますね。女の子か男の子のどちらかを希望するかで摂(と)るべき食べ物が違うので、性別ごとにお伝えしていきます。

スポンサーリンク

女の子を希望する方

女の子を希望する場合、女性は酸性食品を摂り男性はアルカリ性食品を摂りましょう。女の子となるX精子のために、女性は膣内(ちつない)を出来るだけ酸性に近づけるようにするといいですね!そのため、女性は酸性食品を摂りましょう。

精子は元々酸性に弱いので男性側も酸性食品を摂ると精子の数が減ってしまいます。なので、精子の数を増やすために男性はアルカリ性食品を摂るようにするのです。

男の子を希望する方

男の子を希望する場合は女の子を希望するときとは反対に、女性はアルカリ性食品を男性は酸性食品を摂りましょう。男の子となるY精子はアルカリ性に強いため、女性はアルカリ性食品を摂ることでY精子の手助けをすることが出来ます。

反対に男性は酸性食品を摂り、産み分けのためにあえて精子の数を減らします。精子の数を減らして大丈夫かと思う方もいるでしょうが、Y精子は動きが速くX精子の2倍以上の数があると言われている特性を生かし、全体の精子の量を減らしてY精子が卵子に着床する確率を上げるのです。

れみちゃんママ
女性と男性で反対の食べ物を摂るんだね!
太陽ママ
そうなのよ。だからそこは注意しないといけないね。

酸性食品、アルカリ性食品を知りたい!

女の子か男の子かどちらを希望するかで、摂るべき食べ物が違います。そこで、食べ物での産み分け法による大事なポイントとなる酸性食品と、アルカリ性食品はどういった食べ物なのかをお伝えしていきますね。

酸性食品
  • 酸っぱいもの〈梅干しなど〉

酸性食品は主に動物性の食べ物から摂ることが出来ます。

アルカリ性食品
  • 野菜
  • 果物
  • きのこ類
  • 海藻
  • 大豆

酸性食品とは反対に、アルカリ性食品は植物性の食べ物から摂ることが出来ます。しかし、いくら産み分けのためとはいえど栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう

れみちゃんママ
動物性の食べ物は酸性で植物性の食べ物はアルカリ性と覚えればいいね!
太陽ママ
そうだね♪どちらも大切な栄養素を含んでいるからバランスは考えたいですよね。

食べ物以外にも産み分け法はある!

日常生活に取り入れて行うことが出来るので、手軽に始められる食べ物による産み分け法ですが残念ながら食べ物だけで産み分けが成功する確率は高くありません

より産み分けの確率を上げるためにも、他の産み分け法と併用(へいよう)して行うとより良いと思います。他の産み分け法については、希望する性別の赤ちゃんを妊娠する確率を上げる産み分けとは?で詳しくご紹介しているので、ぜひご参考ください♪

まとめ

  • 食べ物での産み分け法がある。
  • 子作りをする3ヵ月前から始めるのが良い。
  • どちらの性別を希望するかで食べるべきものが変わる。
  • 食べ物での産み分けは他の産み分け法と併用して行うのがより効果的。

女の子か男の子どちらが欲しいと思っているご夫婦にとって、食べ物でも産み分けできる確率が上がるのはとても嬉しいですよね♪しかし、食べ物での産み分け法でもそれ以外の産み分け法でも100%の成功率がある産み分け法はないのです。

ですから、産み分け法を試して希望する性別の子だったらいいな!くらいの気持ちで行ってほしいと思います♪男の子でも女の子でも我が子は本当に可愛いですよ!

スポンサーリンク

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です