妊娠は単胎だけじゃない!!双子や三つ子について調査してみました!!

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

世の中には双子以上の三つ子、四つ子を産んでいる方もいらっしゃいますよね。双子もとても珍しいですが、さらに珍しいであろう三つ子。三つ子については、知らないことがさらにたくさんありそうですよね☆

普段、会ったこともない方がほとんどではないかと思われる三つ子ちゃんを始め、多胎児(たたいじ)について、色々と調査していきたいと思います♪写真もたくさん紹介するので可愛さに酔(よ)いしれちゃってください☆

スポンサーリンク

呼び方いろいろ?!三つ子ちゃん☆

太陽ママ
こんにちは♪太陽ママです☆今回は三つ子ちゃんを始めとした多胎児についていろいろ調べて紹介していきたいと思います♪
れみちゃんママ
こんにちは☆レミちゃんママです♪三つ子ちゃんって会ったことがないし、知らないこともたくさんだろうな。楽しみ♪

ひとくちに三つ子といっても呼び名がいくつもあるのは皆さんご存知でしたか?

三つ子ちゃんの呼び名は意外とたくさんあるんですよ♪

三つ子の呼び方
  • 多胎児(たたいじ)・多生児(たせいじ)
  • スーパーツインズ
  • 品胎(ひんたい)

三つ子以上の場合は、多胎児(たたいじ)と呼ばれます。これは双子が含まれることもあるので、三つ子以上に限定する場合は、「スーパーツインズ」と呼びます。

出産のときは数分~1時間の間隔で産まれることが多いのですが、タイミングや場合によっては日をまたぐこともあるので、三つ子であっても誕生日が違うこともあります。

三つ子の出産時となると、ママは本当に大変ですよね!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

みつごちちさん(@asatsumugiyae)がシェアした投稿

引用 インスタグラム

モノクロでシックな感じですね☆芸術品を見ているようです!!

れみちゃんママ
す、すごい!美術館に飾っていてもおかしくない完成度!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mikaさん(@santarou119)がシェアした投稿

引用 インスタグラム

ママを見ているのかな?服装も髪型も同じ☆可愛いですよね~!

太陽ママ
ひたむきな目線が本当に可愛いです♪

ところで、どうして多胎児が産まれるのか?考えてみると不思議ですよね!双子の記事ですが、多胎児が産まれるメカニズムについて妊娠のしくみ☆双子が誕生するメカニズムを詳しく解説します!!で、まとめています☆こちらも参考にしてみてくださいね♪

もしも、三つ子を妊娠したら?!体験談☆

もしあなたや、あなたの身近な人が三つ子を妊娠したら?まずはとても驚かれることと思います。その次に考えられることは・・・。実際に三つ子ちゃんを妊娠した方の体験談を紹介していきます。

〈質問者〉

先日、三つ子の妊娠がわかりました。
初めての妊娠で三つ子・・・正直、とまどっています。

頭の中が混乱し、心が動揺しています。

毎日ネットで検索をかけ、三つ子の情報を得ようとしています。
どうしても「リスク」「障害児」などのほうに目がいき、素直に喜ぶことができません。
また、そういう気持ちになる自分に嫌気がさし、自己嫌悪に陥ったりもします。

せっかく授かったのだから産んであげたい・・でも少しでも健康に近い体で産んであげたい・・こんな葛藤があり涙が出てきます。

三つ子を妊娠・出産されたかた、また身内や身近に三つ子がいらっしゃるかた、どんな障害があるのか無事に産まれるのはどれくらいの確率なのか・・など、何でも良いので教えていただけたら嬉しいです。

減数(減胎?)手術は私の住んでる地域では行ってくれる病院は無いらしく、先生から「0か、3か」と選択するように言われてい
ます。

三つ子の妊娠・出産情報の他に「私だったらこう考える」などの意見でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

引用 Yahoo!知恵袋(外部サイトに飛びます)

初めての妊娠で三つ子と言われたら本当に驚きますよね!とまどう気持ち、不安になる気持ち、とても良く分かります。通常の単胎の妊娠でも、産まれるまでは不安でしかたないものです・・・。

れみちゃんママ
0か3か・・・辛い選択だね・・・。

続いて、回答を紹介していきます☆

〈回答者〉

すみません、三つ子ではなく双子の母ですが・・・。
初めての出産が多胎児。驚きますよね。私もそうでした。

2人ともお腹の中で順調に育ち(2人とも3000g前後でした)、何の問題もなく満38週で自然分娩をしましたが、それが原因で第二子が重症仮死、低酸素性虚血性脳症、脳室拡大、てんかんを発症して現在重症心身障害児です。うちの場合は分娩時に異常が起こって障害を負いました。

三つ子であれば自然分娩はないと思います。双子でも、子宮の伸びがいい人は胎児を長く在胎させることが出来るのですが、そうでない人(が殆どですが)はやはり低出生体重児になりやすいです。

三つ子であれば尚更、子宮の限界がくるのが早くなると思いますので、低出生体重児で生まれてくる可能性が高くなります。切迫流早産になる可能性も高いですし、ある程度になれば管理入院して経過観察をし、帝王切開で出産、という事になるかもしれません。

障害が発生するかどうかは状況や条件によります。三つ子だからこういう障害になる、という事はないです。もし小さく生まれたなら小さく生まれる事でのリスクはありますが、障害無く大きく育つお子さんが大半です。

赤ちゃん達が1000g以上あって脳に問題がなければ、今の医療なら問題なく十分育ちますよ。NICUにうちの子が入院していた時、そういう赤ちゃん達を何人も見てきました。中には600g台の三つ子ちゃんもいましたが、体は少し小さいですが後遺症も障害もなく元気に育っていますよ。

確かに、多胎だといろいろなリスクや負担は単胎よりは多くなります。でも、しっかりと管理して対応していけば大丈夫です。病院はNICU完備の総合病院がいいと思いますよ。多胎出産や育児に不安があるでしょうが、頑張っていらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。きっと乗り越えられますよ。

私なら覚悟を決めて3人産みたいと思います。0か3かなら、私は3を選択します。不安な事は医師でも先輩多胎児ママでも、誰でもいいから何でも相談するようになさって下さい。お腹の赤ちゃんは質問者様を選んでやって来てくれたのですから、出来れば笑顔で迎えてあげて欲しいです。どうか後悔のない選択をなさって下さい。

いろいろと大変だと思いますが、頑張って下さい。応援しています。

引用 Yahoo!知恵袋(外部サイトに飛びます)

この方は、双子出産でしたが、順調な妊娠でも分娩時に異常が起きてしまったのですね・・・。障害が起こるかは、状況や条件による、本当にそれは誰にも分からないことですよね。

不安なことは、溜め込まず、誰でもいいから相談する、吐き出す、これは本当に大事なことだと思います。

同じ質問に対しての回答をもう1つ紹介します☆

〈回答者〉

こんにちは、私は去年の8月に三つ子を出産しました。

私も初産でした。検診のたびに赤ちゃんの数が増えて、3ヵ月過ぎてから三つ子と分かりました。病院の先生に減数手術の話もされました。でも産まれた子供を見てると絶対に犠牲になった赤ちゃんを思ってしまうと思い、覚悟して産むことにしました。

NICUのある病院に変わり全部で6カ月入院しました。外での生活はたった1カ月。私は二卵性三つ子だったので、一卵性は胎盤を共有してるからさらにリスクが高いといわれました。

でも、子供は分かってますよ。小さかったけれど健康にうまれてきました。私達夫婦は例え障害を持って産まれてきても自分達を選んでくれた事に感謝しようと腹をくくりました。

ベットの上でいつも祈ってました。全員産まれて来てと。買い物に行くと時々障害を持ったお子さんを連れてる親御さんに声をかけられます、そして「この子も双子だったんです」と、いつも言われます。

でもみんないい顔をしてます。私達夫婦は人間として未熟だから、分かって産まれて来たんだと思わされます。自分の子供です。

不安や迷う気持ちは分かります。でも、産んであげて下さい。約9カ月いろんな事があり沢山心配して沢山泣きました。でも産まれた子供を見たら一瞬にして過去になりますよ。

うちの子も今は腹が立つくらいやんちゃで大変ですが、産んで良かったと心から思えます。何回生まれ変わってもこんな経験できないですよ!!子供達に感謝ですよ(笑)今を頑張って下さい。必ず良かったと思える日が来ます!!

産んで下さい。子育てに慣れるまではお腹にいた時の方が良かったと思ったりもしますが、楽しいですよ。双子の女の子と男の子!1回の妊娠でラッキーと私は思ってます。

子供たちを信じて頑張って下さい。長くなってすみません。

引用 Yahoo!知恵袋(外部サイトに飛びます)

半年の入院・・・大変な妊娠時期だったにも関わらず、産まれた我が子に会えたらそんな苦労も飛んでいってしまったんですね。だれでも双子、三つ子、それ以上を産めるわけではない、選ばれたと思うのは分かる気がします・・・。

ところで、減数手術(げんすうしゅじゅつ)とはなんだろう?と疑問に思ったので調べてみました。

減数手術は、多胎妊娠した場合、妊娠初期に一部の胎児を妊娠中絶する手術。減胎手術とも言う。妊娠3ヶ月頃までに行われる。

減数手術については、対象の選択、母児の身体的、心理的問題に関する検討が十分ではなく、また法的問題のみならず胎児の生命に対する倫理的問題もあり、社会的コンセンサスが得られていないため、その是非に一定の方向が示されていない。

引用 Wikipedia(外部リンクへ飛びます)

多胎妊娠で、妊娠初期の段階で一部の赤ちゃんを中絶することを言うのですね。母子共にリスクを避ける為に行われるようです。

引用 Twitter

減数手術にもリスクがあったりもするようです。妊娠を継続(けいぞく)する、産める赤ちゃんを選択する・・・どの道を選ぶにも悩んでも悩みきれない部分があり、難しいですよね・・・。

多胎出産時の支援はあるの??

双子や三つ子の妊娠が分かったら、楽しみと同時に、今後のことを考えると不安もたくさんですよね。もしも多胎妊娠時に支援があるなら、本当に助かると思います。

市町村によって、多胎児を対象にした支援があったりもするようです。お住まいの地域でそういったものがないかどうかを調べてみると良いですね☆

引用 Twitter

太陽ママ
多胎育児を考える会というものがあるのですね!知事と面会するなんてすごいです☆活動内容が気になりますね☆

さて続いてはもう1つ、体験談を紹介します☆三つ子のいる家庭への援助についてです。

〈質問者〉

多胎児(三つ子)の母子家庭に対する行政の援助、ってありますか?市町村で違いますか?

夫の交通死後、妊娠がわかりました。

多胎児の可能性がある、と、週をおいて再度検診したところ
二卵性の三つ子、と言われました。
来週、紹介された国立病院へ検診に行きます。

夫はいなくて、私は兄弟も、両親もいません。
夫の母は2年前に死去していて、父親は20年前に離婚後
新しい家庭をもっています。

友人の保育所勤務の保育士が私の出産後、辞めて
「安値で住み込みで雇われてあげる。」
と言ってくれますが、行政でなにかしらの援助はあるのでしょうか?

※現在私は会社員で勤務していますが、三つ子ということになると
いつ、どうなるかわからない、と言われ、かなり不安です。
夫の交通事故での保険金も、いつおりるかわかりませんし、
お金がおりたとしても、手助けをしてくれる人の紹介とか、
多胎児ならではの、サービスとかあるんでしょうか?

自分の子供なので自分で育てなければならないことは十分承知していますが、
三つ子となると物理的に難しい面も出てくるので、
なにかしらの援助があれば…、と思いまして。

やはり、市町村ごとに違うものなんでしょうか?
現在の場所では出産後、子供と暮らせないので
いずれは引越しをしなければならず、
市町村で援助に差があるのかな?と思いました。

引用 Yahoo!知恵袋(外部リンクに飛びます)

れみちゃんママ
旦那(だんな)さんが亡くなった後に三つ子の発覚なんて辛すぎる・・・。他の家族、親戚のサポートも得られない状況・・・。なにかサポートがなきゃ不安でしかたないよね。

回答を見てみましょう。

〈回答者〉

私は双子で、シングルマザーでもないですが・・・
上の子2人は単胎、3・4番目が双子、今5人目単胎妊娠中という感じです。多胎だからというサービスは特になかったですよ。第一子・第二子・第三子・第四子・・・と言う感じで、こども手当ての支給額が増えるくらいですかね。

分娩費も単胎よりは高額ですが、その分は一時金が人数分(双子なら2人分)いただけるので、割とまかなえました。妊婦健診も地域によりますが、双子なら、2人分の無料券や補助券がもらえますよ。

ただ、多胎だからという特別な支援はないのではないかと思います。三つ子でも3人兄弟でも同じような感じですかね。

引用 Yahoo!知恵袋(外部リンクに飛びます)

単胎妊娠と多胎妊娠、どちらも経験したママからの意見ですね。子どもの人数によって増えていくという感じで、とくに多胎児のための支援というものではないようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小山布由奈(@fuyuna_koyama)がシェアした投稿

引用 インスタグラム

なんと、2020年度から厚生労働省で多胎児のいる家庭に対しての支援事業が始まっているようです!これは本当に助かりますね☆

太陽ママ
家庭へのサポーターの派遣(はけん)や、多胎児のいる家庭の交流会などを開いたりなどするようです☆少しでも多胎児のママやパパの助けになってくれると嬉しいですね!
スポンサーリンク

双子&三つ子ちゃんの兄弟☆

続いて紹介するのは、なんと双子ちゃんと三つ子ちゃんのご家族です☆双子ちゃんと三つ子ちゃんを産んだママは本当にパワフルですよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

sachinaさん(@sachina212)がシェアした投稿

引用 インスタグラム

れみちゃんママ
ママがオシャレで綺麗すぎる☆子ども達もみんな良い笑顔だね~!

 

この投稿をInstagramで見る

 

makikoさん(@makiko.721)がシェアした投稿

引用 インスタグラム

太陽ママ
5人姉妹ですね☆華やかで可愛い~♪

四つ子ちゃん☆

最後に紹介するのは、なんと!!四つ子ちゃんです☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAMADAYS |ママデイズさん(@mamadaystv)がシェアした投稿

引用 インスタグラム

並んでいるだけでもう保育園のようですね!ご飯の準備も1人の4倍と思うと・・・すごいとしか言えません!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@s.sattkaがシェアした投稿

引用 インスタグラム

お揃いのスタイをして可愛いですね☆表情も豊かで、ひとりひとりきっと性格も違うんでしょうね☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

@s.sattkaがシェアした投稿

引用 インスタグラム

れみちゃんママ
「ぷりっ!」って合いの手が入るのが謎で、可愛いねぇ☆
太陽ママ
4人いるとお歌を歌うのも賑(にぎ)やかで楽しいね♪

まとめ

  • 三つ子ちゃんには呼び方がいろいろあります☆
  • 多胎児妊娠の減数手術とは、妊娠初期の段階で一部の赤ちゃんを中絶すること。
  • 多胎出産時の支援は市町村によって違います。
  • 双子と三つ子の兄弟、四つ子を紹介しました☆

今回は双子以上の多胎児について紹介しました。三つ子ちゃん、四つ子ちゃん、それ以上、はたまたどちらもいる家族、見ているととってもほほ笑ましいし、可愛いものですが、ママ、パパの妊娠中、育児中の苦労は考えも及ばないほどあったのではないかな、と考えさせられました。

その苦労も乗り越えての子ども達の笑顔は、ママやパパにとっての宝物ですよね。多胎児を妊娠している方、育児中の方を心から応援しています!そしてそんな方々にとって過ごしやすい社会にしていけたらいいですよね☆

スポンサーリンク

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です