女の子に産み分けできる食べ物と飲み物は!?おすすめの食材をご紹介

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

女の子を授(さず)かると「可愛い洋服を着させてあげて、大きくなったら一緒にお買い物に行きたい」など想像が膨(ふく)らみます♪「子供を持つなら女の子!」という方がいらっしゃいますが、実際のところ男女の産み分けって難しいですよね・・・。

産み分け方法について色々調べてみると、食べ物や飲み物で産み分けができるって聞いたことがあるかもしれませんね。そこで、今回は食べ物や飲み物で女の子を産み分けする方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

本当に、食べ物や飲み物で産み分けできるのか

太陽ママ
精子には二種類の染色体(せんしょくたい)XとYがあり、女性が持つ卵子(らんし)と、精子Xがに受精(じゅせい)することによって女の子が産まれるのです。

女の子を作る精子Xは酸性に強く男の子を作る精子Yのアルカリ性に強い特徴があると言われてます。膣内(ちつない)環境を食べ物や飲み物によって、酸性やアルカリ性に傾けると男女産み分けの可能性が高まると考えられているんです。

しかし、残念ながら食べ物や飲み物での産み分けは科学的には証明されておらず体内のを酸性度を示すpH(ペーハー)は食べ物や飲み物では変わることができません。その他にも、産み分けによる偏(かたよ)った食生活では健康な体を保つのは難しいでしょう。

なので、無理のない範囲で願掛け程度に試してみてはどうでしょうか。今回は女の子の産み分けについてご覧いただいていますが、妊娠の確率をまとめている妊娠の確率は何パーセント?確率を上げるにはどうしたらいいの?では自然妊娠しやすい年齢など紹介しています!是非ご覧ください。

産み分けしている人の食べ物は

科学的な根拠はありませんが、女の子を産み分けたいと希望する人が食べているものを紹介していきます。

スポンサーリンク

女の子を産み分けする人の食べ物とは

女の子を食べ物で産み分ける際、女性は酸性、男性はアルカリ性の食べ物や飲み物を中心に食べ分けているそうです。女の子を授かるには、膣内環境を酸性にすることで長期間生きられる精子Xと、卵子が受精しやすくするために女性は酸性の食事をします。

太陽ママ
男性は精子の数を増やすために、アルカリ性の食事を心掛けましょう。
女性の具体的な食べ物
  • 乳製品
  • 炭水化物

産み分けをするために必要な女性のための酸性の食べ物は、普段の食事で摂れそうですね。逆に、アルカリ性の食べ物は以下の通りです。

男性の具体的な食べ物
  • 海藻(かいそう)
  • 大豆
  • きのこ類
  • 野菜
  • 果物

こういったものが、女の子を産み分けする可能性を上げるものです。

産み分けしている人の飲み物

女の子を産み分けを希望する人は、飲み物も工夫しているので紹介します。

女の子を産み分けする人の飲み物

女の子を産み分けするには、女性には酢(す)が効果的で、そのまま飲んだり料理に使ったりする方法があります。男性はコーヒーなどに含まれるカフェインを性交前に摂ると、男の子を作る精子Yが活動的になるため控えるようにしましょう。

妊娠を希望する女性は産み分けに関わらず、カフェインの摂取は胎児(たいじ)に影響があります。一日に、1,2杯ぐらいでたしなむ程度が丁度いい量です。カフェインは、コーヒー以外にも紅茶や緑茶があります。

太陽ママ
ノンカフェインルイボスティーほうじ茶などにしてみるのもいいかもしれません。

食べ物や飲み物で産み分けをするメリットとデメリット

産み分けを希望する夫婦の方は、メリットとデメリットを知った上で、健康な赤ちゃんを迎えましょう。

産み分けをするメリット

産み分けと聞くと、悪いイメージがありますよね。しかし、それは昔のことです。今は産み分けを行う夫婦が年々増えてきています。それは日本の経済影響で、子供をたくさん作ることはできないからです。

希望する性別の赤ちゃんが誕生することで、夢で考えた理想の家族構成を実現することができます。誰にでも理想の家族像があるので、その理想を掴むために産み分けする夫婦がいるようです。

世の中の男性は、女性に育児を任せる人が多いです。産みに分けをした場合は、体調管理や時間管理などの妊活(にんかつ)の大変さを知ることで、夫婦で協力して育児を行うようになるそうです。

産み分けするデメリット

日本の女性は、高齢出産が増えてきており、35歳以上の場合産み分けを行うと妊娠率を下げてしまうので、自然妊娠することが難しくなります。不妊治療(ふにんちりょう)を行っている夫婦は、赤ちゃんを授かることを優先的に考えて産み分けをしないように指導されているぐらいです。

産み分けを長期間行っていると夫婦の仲がだんだん悪くなってしまうことをことがあるだけでなく、不妊治療の費用が高くなるのでしっかりと相談してから試してください。

まとめ

  • 女性は酸性、男性はアルカリ性の食生活を心がける
  • カフェインは、1,2杯ぐらいにするか、ノンカフェインに変えるのがおすすめ
  • 希望する性別の赤ちゃんを迎えることができる
  • 育児を夫婦で協力するようになる
  • 高齢出産になる場合は、産み分けをすると自然妊娠しにくい
  • 費用がかかる

先ほど述べた通り、食べ物や飲み物で産み分けができるわけではありません。あくまで、そういう俗説があるということなので気が向いたときにやってみるといいかもしれないです。

産み分けを指導される医療機関では、排卵(はいらん)日を特定し性交のタイミングやほかの方法を併用することで確率を上げることにつながります。ご家庭では、基礎体温の計測と排卵検査薬を確実にすることです。色々な方法を合わせることで、女の子の産み分けができるといいですね。

 

スポンサーリンク

こちらを読んでくださっている新しい命を授かった皆さん、ご妊娠おめでとうございます♪

今あなたは幸せと不安が入り混じる生活を送っているかと思います。

妊娠したらまず赤ちゃんのことを考える人も多いかと思いますが、あなた自身の体のことを考えたことはありますか?

妊娠したら必ず必要な妊娠線クリーム♪正しいものを選んで今よりハッピーな生活を送りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です